忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/30 00:26 】 |
地震すごかった
やーすごかった。

忘れないように書いとこう。

とりあえず必要なものは、売ってる非常用袋と現金、印鑑、水はこのぐらいの規模だったら配っても貰えるみたいなので、あとはケータイに充電できる発電機と、ライター。

あとは外に飛び出せる格好とか?



いや、最初は風が強いのかと思ってまして。よく窓が鳴るんで、いつもの事だろうと。

したらもっと違う音もして、揺れはだんだん強くなってきて、初めてあー、地震か、と気づき。

収まると思ってたら強くなってきて、経験にない揺れに。

急いで下に降りたら、棚を抑えるおとんと、おばあちゃんのとこにいくおかん。

弟は泊まりから帰ってきたとこで、風呂上がりの全裸。(1番マズい)

とりあえず外に出れるとこは確保しなきゃ、と思って庭に出る窓開けると、電柱や電線がみょんみょんなってて、ゴーって地鳴りと、家のミシミシいう音。

テレビでしか見た事ないような揺れで、いざ家が崩れたら飛び出せるように待機。

その時は収まったけど、どうやら電気類が全部消えてて、この辺一帯が停電してると判明。

震源地は東北ってラジオは言うけど、某京都旅行中女子が大丈夫かと心配なって、とりあえず電話。・・・出ない。

かける。・・・出ない。焦る。

結局折り返しは1時間か2時間後。向こうはほとんど何もなくて、おみやげがどうとか呑気なこと言ってたんでひと安心。

とりあえず着替えて、いつでも外に出れるようにしとく。

ポケットにはケータイ、ライター、ライト、時計入れといて、カバンには一晩大丈夫なぐらいの必要なもの入れといて待機。

ひと息ついてコタツに湯たんぽもって入るも、余震あんまり多くて落ち着かないので、夜の支度。

ケーキとかアロマポット用のロウソクとかあるだけ集めて、リビングにまとめて、野次馬魂を無視できず外へ。

一帯全部停電なんだけど、あざみ野方面が暗くて、市が尾の方はどうやらポツポツついてる。中川の方のマンション群は全部ついてるので、まーこの辺だけか、と判明。

ローソンの後輩が頑張ってて、どうやらレジのピッてやつは電池で動いてるんだけど、パスモもドロアも使えないので、現金で、なるべくぴったりでお願いします、てやってました。

ちなみにバイト先のまいばすけっとは潔く閉めてました。さすが店長。主婦の方も帰りたかったろうし。

明るい内にシチュー作ってたので、メシはあれど、明かりはロウソク。暖房、風呂なし。やーすごかった。

10時ぐらいまで父親と話してたら電気復旧。

めちゃめちゃ嬉しかった。

こういう時って盗みとかよりも特に性犯罪が多くなるらしいので、心配。
PR
【2011/03/11 22:54 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<実際さ。 | ホーム | のみたい>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>